どん底のぼれろEX

単なる雑多ブログです;

元ひきこもりが言いたいこと

201804282.jpg
録画しておいた4月24日放送分の生放送ハートネット・タイムズを見た。長期・高齢ひきこもりの特集(いわゆる8050問題)は見ていて他人事ではなかった。私は何とかひきこもりから脱出することが出来たけど、何かがきっかけで、またひきこもりに戻るかもしれない。絶対に無いとは言い切れない。番組中でも、これは決して他人事ではなく、今の日本社会においては誰でもなり得ることだと専門家の人が語っていた。
 
ひきこもりになる理由は様々だが、学生・社会人、いつひきこもりになったのかは関係なく共通していること、それは村社会に馴染めなくて脱落してしまったということだ。何年か前に、ある東大教授がテレビで「日本の村社会化は終わった」とトンチンカンなことを語っていたがとんでもない。村社会化はむしろ以前よりも強くなっているぞ。街に出れば皆が同じファッションや髪型をする。若い才能や個性(目立つ物)を異端扱いする(つまり出る杭は打たれる、だ!)。そんな島国根性丸出しの国民性は今も昔も変わらない。
 
ひきこもってしまうと社会から落第者というレッテルを貼られ、親、兄弟、ご近所など全ての存在から奇異な目で見られることになる。番組中、ひきこもり当事者からのツイッターによる投稿に「近所の人から、あなた何している人?」と聞かれて辛いというものがあった。親から責められ、近所からも不審者扱いを受け、社会からは見放されて、完全に孤立することで当事者は絶望しか感じられなくなるのだ。私もそうだったし。
 
この国の人たちの多くは、ひきこもりを単なるニートとしか考えていない。怠けている、甘えだ。ひきこもりと聞けば、そんな言葉ばっか。怠けてねーし甘えてねーよ!日中ダラダラと寝て夕方に起きてアニメやゲームを楽しんでいるだけの親に寄生しているクズニートどもと一緒にすんなっ。本当のひきこもりの人たちが精神的にどれだけしんどいか知ってるんかよ。番組ではひきこもりと精神疾患の関連性についても言及されていたけど、実際に心に傷を負っているひきこもりは多いと思う。あと発達障害の人やHSPの人も割りと多いんちゃう?
 
以前にも何度か書いたけど、生活保護を受けさせろとかそんなこと言わん。一度や二度、人生のレールから外れても元に戻りやすい社会にして欲しい。みんな、また元に戻りたいんだよ。社会に出たいんじゃ。犯罪を犯した訳でも何でもないんだけどね、社会は何故受け入れてくれないのですかね。ネット見てると酷いよね、ヒッキーを見下して責めて馬鹿にして笑ってね、挙句本人と家族の責任とか言ってね。あ~自己責任論が大好きな国民性は最高だ。隣の半島人と大して変わらねぇぜ。村社会そのままの精神構造をした奴ばっかり。テメーら人を見下せる程そんなにお偉くて社会的地位が高いんですかと(笑)
 
私が10年に渡る長期ひきこもりから脱出できたとは言っても、実際は底辺アルバイターになったに過ぎない。でも私は今とても幸せだよ。極端に凹むこともあるけど(笑)。恋人さんは、40歳になろうかという自殺願望持ちの中年ひきこもりの私を見下すことなく、私が抱える様々な苦しみを一つ一つ理解してくれた。彼女がいるから人間らしい生活を取り戻すことが出来たし、生きる希望を見出すことが出来た。ひきこもりを社会復帰させたいなら周囲が当事者を理解することが大切だ。日本でひきこもりが長期化しやすいのは上述した通りの村社会だからだろう。周囲の理解が得られにくいこの国では、苦しみを独り抱えるしかない。元当事者の私自身、それを強く感じてきたからね。
 
恋人さんと出会ってもうすぐ1年か・・・去年の今頃は、1年後にまさか幸せだなんてことをここで書いているとは想像すらしなかった。プルメリアを買って枝とか花を食べて服毒死♪・・・とか本気で考えていたからね;