どん底のぼれろEX

単なる雑多ブログです;

恋人はボーダー・・・か?

f:id:bootlegbootleg:20180902021823j:plain
死にたいブログを始めて暫くした頃に彼女と知り合い、後に付き合いが始まった。お互い遠方に暮らしているのと、当時、私が無職引きこもりだったことや社会不安障害を抱えていることもあり、最初の頃は会わずにメールとラインだけで繋がっている関係を続けた。彼女は物静かで優しくて、どこか陰があるような印象を受ける人で、不思議なほどに惹きつけられる何か・・・他の女性にはない魅力を感じていた。

彼女はいわゆる機能不全家族で育ち、精神的虐待を受けてきた。波乱万丈な人生を歩んできたし、身近な人を自死で亡くしたりもしている。彼女からそれを聞いた時、言葉を失った。好きな人にそんな辛い過去があるとは・・・大きくショックを受けた。何があっても彼女を支えたいと思った。

付き合い始めて2か月が経った頃、ハートネットTV境界性パーソナリティ障害の特集が放送された。これを書きながら当時のライン履歴を見ているが、放送を見た彼女は、自分はボーダーではないかと動悸がするほどのショックを受けたようだった。例えば彼女は、過去に付き合ってきた人たちに対し、試し行為(愛情を確認する為に敢えて恋人を突き放したり困らせること)を繰り返してきたと話してくれた。また、何かの境でとても嫌いになることが多々あり自分で異常と感じていたようだ。

でも、私には彼女がボーダーだという実感はなかった。確かに軽い試し行為はあった。本当に軽くて私に精神的ダメージはなかったし、この程度ならボーダーであったとしても軽度だと思った。私が協力していけば改善出来ると考えていた。

それから初めてデートをして、時には私が原因で大きな喧嘩やトラブルもあったが乗り越えて気が付けば1年が過ぎた。ボーダー云々を考えることはもう殆どなかった。楽しくて幸せな日々が続いていたのだが・・・。



f:id:bootlegbootleg:20180902021916j:plain
今月に入り、彼女の友達Cさんによるタイムラインがきっかけで、彼女のボーダーとしての性質が目覚めてしまった。Cさんは春頃に一回り年下の恋人が出来たらしく、遠距離恋愛だが2週間に1度は彼と会いデートをしているそうだ。その男性は、Cさんの新幹線チケット代金やデート費用を全て持ち、お洒落なデートスポットや高級レストランにホテル、たくさんのプレゼントを贈ったりしているようだった。

Cさんは、ラインのタイムラインを使って毎日、事細かにデートの詳細を投稿していった。私も読ませてもらったが内容は自慢と惚気だった。毎日それを読まされる羽目になった彼女は、自分とCさんを比較し始めた。自分はCほど大切にして貰っていなくて悲しい。好きではないからお金を掛けないのだろうetc...。今までにない激烈な彼女の口撃が始まった。劣等感や嫉妬心が爆発したのだと思う。連日、私は繰り返し責め続けられた。

8月9日の夜から3日近く彼女の口撃が続いた後、何とか一度は仲直りして収まったと思った。12日に投稿した記事に「仲直りした」と書いてあるのは、このトラブルが一旦収束したと思ったからだ。しかし、その後もCさんのタイムラインが更新される度に彼女の怒りや不満がぶり返し、その都度、私は口撃をされた。次第に彼女も私も疲弊した。彼女から(関係を)終わりにしようと言葉が出るまで関係にひびが入りかけていた。

彼女は一通り感情を吐き出した後、落ち着きを取り戻して冷静になると時折「自分の感情が抑えられない」と辛そうに訴えていた。心の中ではもう許してあげようと思っているのに、怒りの感情が湧き出して止まらなかったり、困らせてやりたいという感情が出てきてコントロール出来なくなってしまうのだという。自分はボーダーだからもう関わらないほうがいい、とまで言われたこともあった。


確かに彼女はボーダーかもしれない。ここ最近の揉め事続きの日々でそう思うことが増えた。気持ちの変動がとても激しい時があるし(彼女自身がジェットコースターロマンスと例えるほど)、どんな事があっても自分を最優先に考えてくれないと嫌だと言われたこともあったし、自分は0か100しかないから好きか嫌いしかないとも言っていた。ボーダーの特徴によく似ているのは確かだ。

だけど私は、自分が振り回されているという感覚は殆どなかった(鈍感なのだろうか;)。怒らせてしまった・・・と凹むことはあるけど、怒りを感じることは殆どなかった。ネット上に存在する無数のボーダーに関するサイトやブログには、ボーダーに関わるな!逃げろ!潰されるぞ!そう書かれている。

でも私は、一度は人生に絶望して死のうと決めて、そこを彼女に救われたんだ。彼女がいなかったら、もしかしたらもうこの世にはいなかったかもしれない。元々潰れていたから今更潰れるも何もない。それに、こんな人間だからお金や社会的地位はなくても、彼女が抱える辛さや苦しみ、痛みを理解したり共有することは出来る(と勝手に思っている)。

私がもっとしっかりとした人間になり、彼女の苦しみを受け止めてあげることが出来れば、借りに彼女がボーダーだとしても解決できる問題ではないだろうか。それに、ここ最近のトラブルの原因は、彼女に対する私の無神経な言動が積み重なった結果だと思う。私の責任であり、彼女のボーダー云々は無関係なんだよね。

よくよく考えてみると、彼女が本当にボーダーかどうかもよく分からない。そう思う部分もあるけど全く当てはまらない部分も多い。病院に行けばどうせSSRI辺りを投薬されるだけだろうし改善も何もないと思う。罵られようと何だろうと、私はやはり彼女のことが大好きだ。だからこそ、私が彼女のよき理解者となって支えたい。