どん底のぼれろ

単なる雑多ブログです;

EMERSON, LAKE & PALMER - 1972 EU TOUR BOOTLEG

プログレファンなら誰もが一度は通るバンド、エマーソン・レイク&パーマー。一時代を築き上げた偉大なるスーパートリオバンドも、2016年のキース・エマーソンの自殺、同年グレッグ・レイクの病死で、残るメンバーはカール・パーマーだけとなってしまいました・・・😔

キーボードの魔術師と呼ばれたキースの影響を受けたミュージシャンは世界中にたくさんいたのでしょうね。そういえば小室哲哉は最も影響を受けたキーボード奏者にジョン・ロードリック・ウェイクマン、そしてキース・エマーソンの3名の名前を挙げていました。難波弘之もキースのフォロワーですよね。

ELPが最も輝いていた70年代前半、トリロジーリリース後のヨーロッパ・ツアー音源を少しだけ紹介します。昔持っていたプレス盤は売却してしまいました・・・手元に残っているCDRだけ。あとアメリカツアーの音源は公式で何種かリリースされたので割愛ということで;

 

f:id:bootlegbootleg:20190124234228j:plain
EMERSON, LAKE & PALMER - Violence Jack (Ayanami-040)

AYANAMIレーベル2CDR。1年以上の長期間に渡り行われたトリロジー・ツアーから、1972年6月10日フランクフルト公演をオーディエンス録音で収録。ステレオAUD音源で、72年の録音モノとしては良い部類ではないかと思います。お風呂場で聴いているような音ですが、ブート慣れをした人ならストレスなく楽しめるでしょう。

f:id:bootlegbootleg:20190124234246j:plain
初来日公演の1か月ほど前のライブで演奏はソレと似た感じです。永遠の謎ではキースのハモンドが・・・こういったミスやトラブルがそのまま聴けるのもブートの醍醐味ですよね。でも全体を通して3名とも尖った演奏を聴かせてくれます。特に展覧会の絵は凄い迫力です。キーボード・トリオにしてハードロック顔負けの荒々しい演奏は、この3人だからこそ出来たのでしょう。特にキースのプレイは・・・どこか狂気すら感じる。バイオレンス・ジャック、まさにタイトル通りのキースの凄みを感じる演奏です。


試聴用にTHE ENDLESS ENIGMAをどうぞ



f:id:bootlegbootleg:20190125235601j:plain
EMERSON, LAKE & PALMER - FUGUE IN VIENNA 1972 (Ayanami-249)

AYANAMIレーベル2CDR。72年6月27日ウィーン公演をオーディエンス録音で収録。上のVIOLENCE JACKと似たような音質で、こちらも70年代前半の音源としては聴きやすいと思います。モノラルAUDなので、そこが少し残念かな?

f:id:bootlegbootleg:20190126000928j:plain
上のフランクフルト公演や1か月後の初来日公演と比べてやや大人しく感じるものの、演奏自体はやはり凄まじいの一言。頭脳改革ツアーの頃になると疲れがピークに達していたのか、精彩を欠いた演奏が多い印象があるのですが、この72年ツアーはどの日も素晴らしい内容ばかりです。

かつてGOLD WAXのブートレビュー欄でELPのブートをレビューした某クリムゾンマニアの編集長が「ELPはどれを聴いても同じだから面白くない」と書いておりましたが、そんなん言い出したら大半のバンドはそんなもんちゃいますの・・・ソフトマシーンやアレアみたいな即興大会でもやれと?😑

f:id:bootlegbootleg:20190126012411j:plain
ジャケットとインレイの裏側。


試聴用にPICTURES AT AN EXHIBITIONをどうぞ~

 

 

f:id:bootlegbootleg:20190126013630j:plain
EMERSON, LAKE & PALMER - ANOTHER PIECE OF LIVE (Ayanami-095)

AYANAMIレーベル2CDR。72年11月の英国ツアーから、ディスク1に72年11月17日グラスゴー公演を、ディスク2には詳細不明の音源をそれぞれオーディエンス録音で収録。まず最初に、ディスク2枚とも読み込みがうまく行きません😭 このブートは音源なしです・・・どこかにバックアップを取ってあった気がするので、見つけたらアップしますすいません😔

どちらも不完全収録ながら高音質AUD音源を収録・・・とインレイに書いてありますね; 長いこと聴いていないので内容などを全て忘れてしまいました・・・。この時代のCDRブートは読み込めないモノがたまにありますね・・・。

f:id:bootlegbootleg:20190126013723j:plain
ツアー開始時のアメリカ~中盤のヨーロッパツアーは曲目が固定されていましたが、英国ツアーになると曲目に少し変化が見られます。

ボーナストラックのカール・パーマーバンド(2001年のライブ)はキーボードレスのギタートリオだったと記憶しています。再結成ELPの解散後、カールのバンドは小さな箱ばかりを回っていたし、キースはグレン・ヒューズらとバンドを作って活動していたものの大して話題にならなかったし、グレッグは何をやっていたのか不明だし、みんなすっかり落ちぶれたなぁ・・・と悲しくなったものです。

f:id:bootlegbootleg:20190126015617j:plain
ジャケットとインレイの裏側。以上、おわり😅