どん底のぼれろ

単なる雑多ブログです;

2004年1月~3月の気になったニュース;

書くことが思い浮かばなくて2時間ずっとモニターとにらめっこして、結局なにも思い浮かばないまま21時になってしまいました・・・困った時の昔のホームページネタということで、当時(2004年らしい・・・;)書いていたコラムみたいなコーナーから時事ネタを抜粋・編集しました😓

■2004.1.1 外見にコンプレックス
10~20代の若者の46%が自分の外見にコンプレクッスを抱いており異性と上手く接する事ができないらしい。74%の若者が異性以上に興味がある事があり異性と接するよりも自分の趣味に時間を費やす傾向があると報告された。

外見に悩む人の気持ちもわからなくもない。特に最近は美容外科が“美こそが全て”という洗脳意識を植え込んでいる時代だ。自分の容姿にコンプレックスを抱く彼らは、一部マスメディアや美容外科の洗脳による犠牲者なのかもしれない。

■2004.1.2 天王寺の迷惑な人たち(サンケイ)
大阪天王寺公園青空カラオケ問題で、行政代執行後、鳴りを潜めていた女店主が1日元日早々に店を再開、違法営業と知りつつ開き直る。女店主は「行政代執行後、公園の人通りが少なくなってしまった。公園のあり方をあらためて問題提起する」と語り、客も「ここで癒やされる人もいる。 堅いことばかり言っていては駄目。大平光代・新助役に期待したい」と話した。

■2004.1.15 今の司法制度には限界がある
静岡県三島市で2002年1月、通りすがりの上智短大1年山根佐知子さん=当時(19)=を襲い、火を付け殺害したとして殺人罪などに問われ、死刑を求刑された元建設作業員服部純也被告(31)の判決公判で、静岡地裁沼津支部高橋祥子裁判長は15日「残虐極まりないが、過去に殺人などの罪を犯していない」として無期懲役を言い渡した。

日垣隆氏著「そして犯罪者は野に放たれる」ではないが、それこそ犯罪者に優しい国家と思う人も多いと思う。今の日本の法律には限界があるのだろう・・・。殺された本人、遺族の無念よりも判例主義。それが今の司法だ。

■2004.1.23 ZARD in Concert!(サンケイスポーツ
3月、ついに初公演が決定した。「負けないで」揺れる想い」などのヒットで知られるロックユニット、ZARDがデビュー14年目にして、ついに初公演を行うことが22日、発表された。謎に包まれた坂井泉水をひと目見ようとチケットが争奪戦になること必至だ。・・・ザード嫌いじゃないよ。でもロックユニットだっけ?

■2004.1.25 小学生の体力低下(読売オンライン)
3年生の4つのクラスで逆上がりをさせたところ、出来た児童は1クラス(33人前後)あたり僅か4―5人。中には腕力不足から自分の体を支えることができなかったり、逆上がりに恐怖感を訴えたりする児童もいた。このほか、長距離走では、途中で走るのをやめ座り込んでしまう子も珍しくなく、マット運動では体の柔軟性がないため真っすぐに回転できないケースも見られたという。・・・私は運動は苦手だけど、これくらいは軽くこなせたけどなあ。

■2004.1.27 ゲイパーティー!!
台北市警中山分局は17日、同市農安街のマンションで行われたゲイのホームパーティーを摘発。主催者及び客(日本人留学生1人を含む)計93人を逮捕した。奥に設けられたセックスルームで7,8人が乱交を行っていたという。日本人留学生!何してんの・・・。

■2004.1.28 理想は金持ちで福山雅治似!(毎日)
結婚をしない30代~40代の男女が急増していることについて、30代限定合コンパーティーでは男性は不思議なくらいに無口になり、女性は構えて観察する始末。女性側の理想は、福山雅治似、金持ちなど自分のことは棚に上げて理想が高かった。

■2004.1.29 菅直人vs創価学会(新潮)
本日発売の新潮より、民主党代表・菅直人公明党創価学会を名指しで批難。選挙で学会員たちを使い公明の組織票を得る等、政教分離を無視したやり方と創価学会を名指しで非難した。だが創価学会聖教新聞などで菅民主党を猛烈批難。

菅はもう少し核心を突いて責めて欲しかった。創価学会側は、菅民主党を攻撃すればするほど墓穴を掘っていることに気付いていないらしい。対立が浮き彫りになれば創価学会がいかにカルト宗教的な集団であるか一般に広く知れ渡るのではないだろうか。

■2004.2.3 高校生VS小泉、墓穴堀対決の行方(UMKヘッドライン)
イラクへの自衛隊派遣について、三股町の高校生の平和を求める嘆願書が 小泉総理の思わぬ発言を呼び波紋が広がっています。 三股町の高校3年生、今村歩さんは きのう内閣府に「武力に頼らないイラク復興支援を求める嘆願書」を 5358名分の署名を添えて提出しました。

この高校生の署名活動に対し小泉総理は「自衛隊は平和的に貢献するのですよ。その辺を学校の先生も生徒さんによく話さないとね」 とコメントを残した。今村さんはひどく傷ついており、 総理の発言に疑問の声があがっています。
小泉総理の発言より高校生の言い分に問題があるようにも感じるが・・・それとこの高校生は、どこまでこの嘆願書に有効性があると信じて提出したのだろう。

■2004.2.4 高句麗をめぐって韓国と中国が衝突(毎日)
紀元前後に中国東北部朝鮮半島北部で栄えた古代国家高句麗を「中国辺境の古代政権」と位置づける中国側の研究プロジェクトに韓国が強く反発している。韓国では3日からソウルで開かれる第13回南北閣僚級会談で、社会文化交流の一環として高句麗問題を討議する南北交流を提案しようという主張も出ている。韓国政府は中韓関係を考慮して外交問題化は避けたい方針だが対応に苦慮している。

国史記では、紀元前1世紀頃、現在の中国遼寧省に始祖東明聖王よって建国され、三国対立時代から統一後は吉林省近辺、以後崩壊する6世紀まで現北朝鮮平壌に位置した。500年頃、高麗と改名、コリアの名称の由来でもある。最後は中国・唐に滅ぼされたのだが、果たしてどちらの国の歴史として捉えればいいのかは正直分かりかねる。でも韓国は諸葛亮まで自国の歴史に取り込むような国だからなあ・・・。

■2004.2.8 朝日新聞の読者投稿欄挿絵に抗議(読売オンライン)
朝日新聞で読者の投稿などを掲載する「声」欄のカットに対し「自衛隊員の墓標を思わせる」などと批判が寄せられたため、同紙は5日付紙面から別のイラストに差し替えた。 批判されたのは、2月1日から4日まで掲載した「声」のカットで、「異国の空の下」という文字を添え、小銃を地面に突き刺してヘルメットをかぶせたイラストが描かれていた。

朝日の左寄り傾向は前々から感じているのであまり驚きはしないが、相変わらず不謹慎な・・・。特にイラク戦争関連の報道に関しては情報自体を捏造した疑惑など探せばきりがない。

■2004.2.9 男が女の格好して何が悪い(ZAKZAK
ミニやミディなど思い思いのスカートを身に着けた約100人の男性が、米ニューヨークのマンハッタンを行進し「男にもスカートをはく権利を認めよ」と気勢を上げた。「男の服装はズボン」にうんざりしている男の集まりで「男性の着こなしにも多様性を」と主張した。

わかるわかる、スカートは穿きたくないけどストール羽織ってみたいし可愛い帽子をかぶったりしたい。化粧だってちゃんとしてみたい。ただ女装は嫌だ。女性のオシャレを男性のスタイルの中に取り入れてみたい。

■2004.2.12 吉野家フィーバーにチクリ(毎日)
BSEの影響で、吉野家のほとんどの店で11日に牛丼販売が休止され、直前に客が「食べおさめ」の行列をつくったことについて、日本経団連奥田碩会長は12日、記者会見で「(牛丼がなくても)死ぬわけでない。日本人は右から左へ早くふれやすい、単純な国民だと感じた」と牛丼フィーバーをチクリと皮肉った。

日本人は昔からひとつの話題に群がり、それを共有することに安心感を持つ傾向にある。経団連のアホに言われなくても知っている。それより日本人を馬鹿にしたような親中派経団連らしい上から目線だと感じる。

■2004.3.2 バレンタインデーにチョコがもらえない人の嘆きらしい(地方新聞)
読者投稿より。バレンタインデーのチョコレートをもらえないショックもあるようだ。去年あたりからもらえない悲しさを味わっている。今年ももらえないだろうと私や姉が用意したが意味が違うらしい。年々、子供たちの間でも派手になっていくバレンタインデー。おとなしくて太っている息子は義理チョコももらえない。チョコの数で人気のバロメーターを突きつけられる厳しい日。こんな日、なければ良いと息子は本気で怒っています。

だったら痩せればいいのに。私みたいな奥手で対人が苦手な奴でも彼女いるんだから。

■2004.3.10 浅田農産会長の葬儀(サンケイ)
鳥インフルエンザ感染が確認された京都府丹波町の養鶏場を経営する兵庫県姫路市の浅田農産本社近くで自殺した同社の会長(67)と妻(64)の葬儀が10日、姫路市の会長宅で親族ら約20人が集まり営まれた。

マスコミは急におとなしくなった。会長夫妻を間接的に殺したのはマスコミと会長の息子(今の社長)ではないだろうか。川柳「売家と唐様で書く三代目」(=初代は苦労し、二代目は努力し、三代目は苦労知らずで崩壊する)、これに例えるより早く、浅田農産は崩壊した。会長は苦労人だったが、後を継いだ息子は凡人に過ぎなかった。社長の居直った態度はよくなかった。

■2004.3.24 ロリコン(現代ネット)
ロリコンおたく族の“聖地”と化している秋葉原に行ってみると、あるわあるわ。ロリコングッズを扱う店が軒を連ね、かつて“世界一の電気街”と呼ばれた秋葉原の勢力図を塗り替えている。大きい店になると1階はゲームソフト、2階はフィギュアと雑誌、3階はDVDといった具合。まるでロリコンのデパートだ。客層は20~30歳代がほとんど。普通のサラリーマンも多い。

美少女系のフィギュアは5000~8000円程度の未塗装品を自分で着色するのが人気インターネットやアニメなどの影響でおたく化が進み、大人の女性に対してうまく接することができない男性が増加した。今後もロリコン男性は増える。あなたの隣にもロリコン変態男がいるかもしれないのだ。

■2004.3.27 ヒロミ干される(現代ネット)
番組の打ち切り、降板が続くヒロミに何があったのか。4月からレギュラーがゼロになるというから深刻だ。 「ヒロミはタモリと一緒に小型船舶の免許を取ったり、たけしの行きつけの飲み屋に通ったりして大物に取り入ってきました。そのくせ番組ではタモリ、たけしに悪態をついて逆に大物ぶって見せていた。そんな裏表のある性格に周囲は気がついていた。

それに言っていることも単なるツッパリのタメ口で、ヒロミは番組にはいてもいなくてもいいタレントでした。
そんな中身のなさ、品のなさが飽きられ、みんなにあっさり捨てられただけのことです」(事情通)

・・・以上、2004年の1~3月のニュースでした。ヒロミは15年後の今、再び復活していますね。しかしまあ・・・当時の私の偉そうなコメント・・・20代の若造が何様じゃってね😅 おわり