どん底のぼれろ

単なる雑多ブログです;

2ちゃんねるでリアルタイムで見た出来事

むかしむかし、まだ2ちゃんねる掲示板が出来て間もなかった頃。携帯電話が普及し始めてiモードやez webなどの携帯電話向けインターネット接続サービスが登場し、一般層にもネットというモノが認知され始めていくが、それでもインターネットといえばまだまだオタクというイメージが強かった時代。

そのオタクなネットの世界の中でも最もアングラなサイトの1つだった2ちゃんに、私はよく入り浸っておりました。社会不適合者、今風に言えば陰キャ、社会の負け犬・・・そんな人たちが集まっていた2ちゃんでは、まさに便所の落書きらしい酷い書き込みと、一方ではリアル社会でうだつの上がらない者同士の不思議な一体感が生まれたりと、私にとってはとても居心地の良い場所でした。

その2ちゃんで起きた有名な事件やスレッドにリアルタイムで見ていた(一部は参加)していたモノを、ちょろっと紹介したいと思います。。今となっては恥ずかしい過去ですがね; ちなみに長いこと2ちゃん(今は5ちゃんか;)は見ていないです。本当だよ信じてってば😰

 

西鉄バスジャック事件
f:id:bootlegbootleg:20190422203821j:plain
2000年5月3日、佐賀第二合同庁舎発、西鉄天神バスセンター行きの西日本高速鉄道の高速バス「わかくす号」は定時通りに出発した。13時35分頃、九州自動車道大宰府インターチェンジ付近で刃渡り約40センチの牛刀を持った少年が運転手に牛刀を突き付け「天神にはいくな、このバスを乗っ取ります」「お前たちの行き先は天神じゃない、地獄だ」とバスジャックを敢行。

少年は九州自動車道をしばらく走行するように運転手に指示し、乗客にはカーテンを閉めるように指示。途中、バスが走行中に乗客の男性が道路に飛び降りて脱出。それを見た少年は見せしめとして女性客らを切り付けるなどの凶行に及ぶ。

f:id:bootlegbootleg:20190422213211j:plain
バスは広島市安佐南区のトンネル付近で男性客全員を解放したあと、東広島市奥屋パーキングエリアで数時間停車する。ここで警察の説得により犯人は差し入れを提供するという条件で負傷した人質3人を解放するが、うち1人はすでに失血死していた。少年の両親も到着し説得するがこれに応じず、4日午前5時すぎ、15名の機動隊員の突入により少年は逮捕された。日本のバスジャック史上、初めて人質が死亡する事件となった・・・。テレビで生中継されたのでご存じの方も多いでしょう。

f:id:bootlegbootleg:20190422213229j:plain
犯人は当時17歳だった谷口誠一という男である。彼は、親に購入してもらったパソコンから2ちゃんねるに頻繁に書き込みをしていた。キャットキラーという固定ハンドルネーム(コテハン)を使いネラーたちを煽るカキコを繰り返していた。そのうちキャットキラーからネオ麦茶へとコテハンを変更。相変わらず煽りを続けるが、それは彼が承認欲求を満たしたいが為の行いであったのだろう。いわばレス乞食であった。

谷口誠一は当時、中学校で酷いイジメを受けていたという。学力は優秀だが協調性がなかったそうだ。親がイジメを知り学校に相談するが学校側や教育委員会は取り合わずイジメの事実を認めなかった。その後、偏差値65前後の高校を受験し合格するが5月には中退、以降はひきこもりとなった。

その頃から両親や妹、さらには飼っていた犬にまで暴力を振るうようになる。両親が精神科医へ相談して、谷口誠一は精神病院に入院することになるが、後に退院。そして2ちゃんに犯行予告を書き込み、実際に事件を起こしてしまった。犯行動機は「目立ちたかった」「親を苦しめたかった」とのこと。

f:id:bootlegbootleg:20190422220100j:plain
2ちゃんねるで犯行予告が書かれたことで、当時テレビでも大々的に取り上げられましたね。インターネット・2ちゃんねる=悪、犯罪者予備軍の集まりというイメージで報道されていたように記憶しております。しかしタラコ(ひろゆきのこと;)若いなぁ〜; この事件が発生後、しばらくの間2ちゃんはどこの板も大騒ぎだったのを覚えています。ああ懐かしい。。谷口誠一に関しては、両親が被害者や遺族にきちんと賠償金を支払い、谷口誠一本人も謝罪をして、今現在は社会復帰を果たしているそうです。

②福岡猫虐待事件
f:id:bootlegbootleg:20190422222437j:plain
かつて2ちゃんには「ペット大嫌い板」というおぞましい板があった。そこでは動物虐待の方法に関する話題や、近所の飼い犬を分からないように殺したいがどうしたら良いか、などのスレッドがいくつも建っていた。2002年5月6日、そこに1つのスレッドが建つ。建てた人物はハンドルネーム「ディルレヴァンガー」、本名・松原潤である。この事件はあまりに凄惨で、当時アップロードされた写真を正視することが出来ませんでした・・・。もちろん、ここにも載せません。

f:id:bootlegbootleg:20190422224123j:plain
松原潤は昭和50年生まれで当時27歳、無職であった。広島県呉市三津田高校を卒業後、九州大学工学部物質科学工学科機能物質化学クラスを卒業し、光学機器メーカーに就職して働いていたが、不況からリストラが進み、悪化する社内の空気に堪えられなくなり退職、無職となった。その頃から2ちゃんのペット大嫌い板に入り浸り、ハムスターを虐待する様子を投稿するなどしていた。そして松原潤は野良猫を捕まえて自宅に連れて行き、スレ建てをして犯行に及ぶのである。

f:id:bootlegbootleg:20190423002346j:plain
2002年5月6日23時頃「おい!おまえら」という、当時の2ちゃん定番の言葉で松原潤はスレ建てをした。

いいアプろだ教えて下さい。
先ほどキャリアを捕まえました。
猫祭り開催しますか。

とりあえず尻尾と4つ足、どれからいく?
次はどれ?

バスタブから上を見上げる猫の画像をアップローダーに上げると、実況形式でスレの住人たちとやり取りを進めていく。ヒモのようなもので吊るされた状態の猫の画像を上げ、次はどうするか住人たちにリクエストを募る。次に猫の尻尾が切断された状態で、猫が丸まっている画像が上げられる。すぐそばには波切り板ばさみという、ペンチのような形をしたハサミが置かれており、それで切断したと思われる。次は耳に足・・・生きたまま猫は切断されていき、バスタブは血みどろになっていた。

f:id:bootlegbootleg:20190422232256j:plain
そしてグッタリした猫を吊し上げて「私は敗北主義者です」と書かれた太陽誘電のCDR画像を上げる。最後に「世界と斗う 黒ムツ諸兄に捧ぐ オスカル・ディル」と意味不明なことが書かれた紙切れと息絶えた猫の画像を上げた後、近所の川に猫の死体を捨てに行ったという。

私はペット大嫌い板を一切見ることがなかったが、松原潤は2ちゃんで最も住人が多いニュース速報(ニュー速)板にもスレッドを建てた。多くの人に自分の行いを知ってもらいたかったのだろう。ネオ麦茶と同じく、松原潤も承認欲求を満たしたいが為にニュー速にスレを建てたのではないだろうか。そして当時ニュー速に入り浸っていた私は、そのスレを見てしまった・・・。

f:id:bootlegbootleg:20190422224132j:plain
この事件は2ちゃんを中心にネット中をあっという間に駆け巡った。怒りに燃えたネラーたち特定班が徹底して犯人について調べ上げて、犯人が住んでいる可能性がある地域などがあっという間に特定され、通報が殺到。松原潤は福岡県警に書類送検された。

当初、松原潤は「猫は逃がした」と、オレは知らんという体の発言をしていたが、これによりネット住人たちや愛護団体の怒りをさらに燃え上がらせることになり刑事訴追を求める運動に発展。個人情報なども特定さればら撒かれるなどネットリンチ状態となった(ざまぁみろ!😡)。

松原潤は警察の尋問に対し「はさみや紐は引越しのために購入した」「酔っていてカッとなって」など、計画性がないことを主張したが、猫の切断に使用されたハサミは工事などで使用する専用工具であったことや、以前から2ちゃんにハムスター虐待の様子を投稿していたことなど明らかに嘘の供述をしており、これらの発言がきっかけで福岡県警は「証拠隠滅を働く可能性がある」として松原潤の逮捕に踏み切ったのである。

f:id:bootlegbootleg:20190423002315j:plain
この事件はテレビ報道でも大きく取り上げられた。当時、動物虐待事件は犯人が罪に問われることが珍しいくらいであったが、ネットの力が警察を動かし犯人逮捕に繋がった点も話題となった。グッディおばさん安藤優子が若い😶

f:id:bootlegbootleg:20190423001347j:plain
ちなみに、テレビの取材に答えた松原潤の親戚のオッサンは「飼ってるネコを殺したりなんかしたんなら別ですけどね(中略)警察ざたになるのは何かおかしいような気がする」などとフザけたことを抜かしており、めっちゃ腹が立ったのを覚えております。

f:id:bootlegbootleg:20190423002152j:plain
報道により事件を知った一般の人たちからも犯人逮捕や実刑を求める嘆願書が福岡県警に多数届いた。総数は3000通を超えたとか。これが書類送検から逮捕へと切り替えるきっかけとなった。

取り調べで松原潤は「最初は餌をやったり可愛がっていたがフンをしたのでいじめようと思った。ネットで目立ちたかったが反響が大きすぎてびっくりしている。皆さんに謝りたい。虐待した猫は殺さずに逃がした。」と供述していたが、その後、猫の殺害を認めた為、裁判で動物愛護法違反により懲役6か月・執行猶予3年の判決を受けた。どうして実刑判決ではないのか、そこだけは大いに不満が残りますがね・・・それでも当時としては画期的な判決であったことは確かでした。

何にしても猛烈に胸糞悪い事件でした・・・事件当時から最新情報を掲載していた探偵ファイルにより殺された猫の葬儀が行われ、戒名「こげんた」と名付けられた。これにより「こげんたちゃん事件」と呼ばれたりもしている。何にしても松原潤、オメーだよオメェー、指の1本や2本でもハサミでエンコされちまえ😑

後編に続く・・・