どん底のぼれろEX

単なる雑多ブログです;

中高年ひきこもりを救済したいなら、精神科はやめたほうがいいよん

f:id:bootlegbootleg:20190602202343j:plain
今日の夕食は、ほっともっとののり弁当300円です・・・以前によく買いに行っていたほか弁のすぐ近くにオープンして、そしてほか弁は駆逐されました😔 個人的にはほか弁のほうが美味しいと思うけどなぁ・・・そういえば難波にオリジン弁当があったな、オリジンは一度も食べたことがないから今度買って帰るのもアリか。でも満員電車の中で食べ物のニオイを漂わせるのは気が引ける;

冷めて電車の中でもニオイが気にならない弁当というと、スーパー玉出か西成名物まんぷくの激安弁当ということになるか・・・難波から歩いて10分くらいだし、久々にヤバい弁当が食いたいぜ😑

f:id:bootlegbootleg:20190602202306j:plain
こんな弁当やらカップ麺ばかり食べて栄養不足おじさんと思われていそうだけど、朝は決まってこの3つを摂っております。ドライフルーツが栄養満点なのは皆様もご存じでしょう。そしてきなこを大匙3杯くらい、ミロも同じくらいの量をどっさり入れてお湯で溶かしてから牛乳を入れて飲んでおります。これが毎朝の私の朝食です。きなこは工藤公康の息子の真似じゃないよ😑

ミロは子供が飲む物というイメージがあるかもしれませんが、大人にとっても必要な栄養分がたっぷり入った麦芽飲料なのでオススメです。味はそんなに美味しい物ではないけどココアなどを足すとめっちゃんこ美味しくなりますよ😄

最近ひきこもり関連の事件が毎日のように発生していますよね。仕事をしろと怒られた中年ひきこもりが父親を殺したり逆に父親が中年ひきこもりを殺したり・・・ワシもヒキってる最中に何度か言われたことがあり小さくなっておりました;

で、ひきこもりの人は食事も栄養も偏りがちになると思います。不登校やひきこもりになる人は人間関係トラブルや心の病がきっかけというのが定説ですが、脳の栄養不足が大きく関係しているという専門家の意見も実は多いみたいですね。

不登校やひきこもりの人たちの生活を調べると、多くは普段から不規則な生活を送っていたり食事も栄養が偏ったものが多かったという調査もあるようです。不規則な生活で睡眠が足りていなかったり脳が栄養不足になると、精神面での健康を保つことが困難になってくるみたいですね。

そうなると脳は機能不全に陥り、ストレスに弱くなったり不安定な精神状態になる。結果、精神的に弱くなりちょっとしたことで傷付きやすくなったり、困難に立ち向かう強さを失ってしまうそうです。そして不登校やひきこもりになりやすくなる、とのこと。

ある専門家は不登校の子供に、規則正しい生活と、しっかりとした食事で栄養を摂る指導をしたそうです。その結果、しばらくして学校に通うようになったそうです。睡眠に適度な運動、そして栄養満点の食事。これが脳を健全化させて心も前向きにシフトしたという訳です。いやはや食事は決して疎かにしてはいけませんね!

そういえば大阪市の調査で、生活保護受給者などの貧困層ほど炭水化物を多く摂り野菜などを摂らない傾向にある、そして貧困層ほど肥満傾向にあるというデータが出ておりました。食事にお金を掛けられない為に、安く買える菓子パンなど炭水化物とカロリーの塊でお腹を満たすといった理由があるのかもしれませんが、この調査結果はアメリカの調査結果と似通ったものがあるなぁと思いましたね。

・・・で、私がひきこもりだった頃、やはり食事は酷いモノがありました。というか、ひきこもって家に迷惑をかけている私がご飯を食べるのは申し訳ないと考えており、極力ご飯を食べないようにしておりました。結果、一時期は体重が40㎏まで落ちました。

カノジョさんと知り合った頃、体重の話をしたら「男のくせに40はあかん、私より下回ったら許さん😑」と体重増加命令が下されました; そこで毎日食事をしっかり食べるようになり、気が付けば55㎏になり、すると精神面も少しずつ強くなっていったように思います。そしてバイトに行き始めたのです。

私がひきこもり状態から脱出できたのは、カノジョさんやキャバリアさんたちと交流を持つことが出来たことはめちゃくちゃ大きいです。そしてもう1つ、栄養をしっかり摂る生活を心掛けたことも大きかったのかなぁ、と今になって思います。・・・最近は夕食がカップ麺や弁当ばかりだけど😓


あと、高齢ひきこもりの人に救いの手を・・・といったネットニュース記事をよく見かけますが、専門家や無関係の人間が間に入ったり接触を持つことは逆効果ですよ。例の岩崎だって、無関係の介護職員か誰かが奴の部屋に手紙を差し入れて、それを読んだ岩崎が激昂していた訳でしょう。そんなの当たり前ですよ。

同じ位置で、同じ目線で、自分と対等に話が出来る人でないと、誰が「自分を助けに来てやった」人に心を開きますかね。私もヒキっていた頃に、親に何度か精神科に連れていかれそうになりましたが拒絶しました。それは、精神科の医者なんかに話を聞いてもらいたくないからですよ。仕事でやっている人に仕事の範疇で対応をされて、そんなの心を開きたくないですよ。

私が奇跡的に前向きになることが出来たのは、このブログを始めて、ここに色々な人が訪問してくれて交流を持つことが出来たことがきっかけです。訪問してくれた人たちは、ひきこもりではなくても心の病を抱えていたり、苦しみを抱えながら生きている。同じひきこもりではなくても、苦しみを抱えている者同士というのはお互いの気持ちを理解し合えます。だから自分を心を開くことが出来るし、お互いに頑張ろうという気持ちになっていく。精神科医や普通の元気な人間がひきこもりの人と話しても無駄ってのは、こういうことです。

だから、ひきこもりで苦しむ人に言いたいのは、前も何度も書いてきましたが、ブログでもSNSでも何でもいい、同じひきこもりなどで苦しみを抱えている人たちと繋がりを持つことだよ。苦しみ、悲しみを共有できる仲間を見つけること。精神科に行ってデパスだのソラナックスだのを飲むよりも、そのほうが確実に気持ちが上向けるよ。

あと5ちゃんみたいな自分より下の人間にマウント取ることばかりする連中がいる所は見ないこと😑 おわり